A-3 装置の清掃

この世でNecintoshが一番嫌いなことは、間違いなく『Necintoshの清掃』でしょう。装置の清掃は最も生傷発生率が高い行為です。これを行うことは前項と矛盾するようですが、清掃を怠ると生傷は発生しなくともノミが発生してしまいます。ノミとの戦いはNecintosh自身との戦いよりはるかに長く、面倒で、しかもかゆいので、定期的に装置を清掃することが肝心なのです。
ただし、Necintoshは清掃が大嫌いですので、清掃の際には以下の点に注意して下さい。

1.スリープ時を狙う
アナタの服装(防水加工の服など)や行動(ユーザー登録コードの取り外し)や周囲の光景(窓際に引かれたタオルとドライヤー)などから、Necintoshは敏感に清掃を察します。これらに気づかれないように、清掃場に運ぶときは必ずスリープ時を狙いましょう。
2.頭部から順に清掃する
 清掃時には適温のお湯を利用しますが、既にノミがいる場合、尻の方から湯をかけると、ノミが頭部へ逃げ込んで大変なことになります。必ず頭部から清掃を始めましょう。
3.清掃時は必ずNecintoshとの距離を保つ
乗られないように注意湯に濡れて哀れな風情になったNecintoshは、実は常にアナタとの距離を測っています。なぜなら清掃を逃れるためには「あなたの上に乗ってしまう」ことが一番であることを知っているからです。距離を守らないと、Necintoshはアナタの肌に爪を立ててでもアナタを「登り」、肩(時には頭)の上に乗ったままいつまでも降りてこないでしょう。
4.よく洗い流す
 Necintoshは清掃後、平均3時間かけて「アナタに汚された」体を舌で清掃しなおします。その為清掃に使うシャンプーは完全に洗い流さなくてはなりません。ちょっとでも残っていると、今度はNecintoshの健康を害することになります。
5.清掃後しばらくは近寄らない
言うまでもなくNecintoshは清掃後不機嫌になっています。アナタのNecintosh双方の健康のために、清掃後は充分冷却期間を置きましょう。


Powered by
Movable Type 2.63