A-1 筋肉疲労の防止

Necintoshの利用による筋肉や関節の不快感は、主としてあなたがNecintoshのスリープ場所に指定されている場合に起こります(この指定はあなたが好むと好まざるとに限らずNecintosh側から行われるので、避ける術はありません)。これはある一定の体勢をとり続けることによって起こるのですが、スリープ場所になった場合「一定の姿勢」を崩すことは厳重な注意が必要です。
快適にNecintoshを利用しながら筋肉疲労を防止する方法は、アナタのNecintoshが『上型Necintosh』か『下型Necintosh』かによって異なります。

●下型Necintoshの場合
 あなたのNecintoshが『下型』の場合、必要になるのは「平常心」です。一般的な上型Necintoshに比べ、下型Necintoshは警戒心が強い割に依存心が強く、アナタのお尻の下で寝ていながら、常に周囲への警戒を怠りません。そのためアナタが「もう電源が切れただろう」と思ってさっさと立ち上がると驚いて起動してしまい、充分休息がとれなかったとアナタを責め、生傷を増やす可能性があるからです。だからといってずっと尻を浮かせて座っていれば、筋肉疲労は必至です。
従って、Necintoshがスリープ状態になったら、決して動いてはいけません。屁は音があろうとなかろうと、もってのほかです。平常心で静かにしていれば、自ずと短い時間でNecintoshの電源は切れるでしょう。
●上型Necintoshの場合
 一般的なNecintoshは『上型』ですが、これは「上型の方が下型より管理が楽だ」という事ではありません。下型Necintoshは利用者がある一定のポーズ(尻の下に空間のあるヤンキー座り)をとったときしか近づきませんが、上型Necintoshはあなたが座ってさえいれば確実にやってきます。生きていれば税金を払わなくてはならないのに似ています。
ですから、上型の場合は、座るときは常に万全の準備を整えて座りたいものです。(万全の準備については下図参照)
上型Necintoshへの万全の準備

●上型Necintosh

あぐらをかいて座ったとき、あるいは椅子に座っているとき、静かに忍び寄って当然のようにひざの上に乗り込んで毛繕いをはじめ、そのまま眠り込んでしまうタイプ。あまりにも幸せそうな寝顔のため、スリープ場所に指定されるとなかなか動けない。
●下型Necintosh

ヤンキー座り(あるいはウンチングスタイル)の尻の下に潜ってくるタイプ。初めのウチは可愛いが、太ってくると人間は『中腰』を余儀なくされ、長時間に及ぶとかなり苦痛を強いられる。
突然意味もなく興奮したNecintoshが足に攻撃を仕掛けることもあり、危険度は高い。

Powered by
Movable Type 2.63