5-2 ファイルのバックアップ

大切に利用していても、Necintoshは突然機嫌を損ねることがあります。アナタがちょうど寝入った頃を見計らって「会社の書類で爪を研ぐサウンド」や「パワー全開キラリンライト」などを使ってアナタを起こし、仕方なくアナタが起き出すと、自分はさっさとスリープ状態に入ってしまい見向きもしてくれないという、極悪なトラブルを起こしているのに、トラブルの理由が思い当たらないということも、Necintoshの利用上少ないことではありません。ある意味、これらのトラブルはNecintoshの仕様といえます。

この種のトラブルの多くは2、3日で自動的に修復されますが、中には自動修復機能の働かない場合があります。

そのような場合にそなえて、作成したファイルはどんなに古くなってもバックアップとして取っておくことをおすすめします。古くなったマウス、見向きもしなくなった缶詰電源、ボロボロの不浄霊など、何が関係修復に役立つか判りません。必ず外部メモリ(メモリと書いたダンボールなど)にファイルをバックアップしておきましょう。
メモリ箱


Powered by
Movable Type 2.63