3-2 各種装置の接続

Necintoshの機能は標準装備でも充分Lazyですが、よりLazyを極めるためには、各種装置を接続して利用することになります。各種周辺機器の接続については、以下の項目を参考にして下さい。

●ネットワークへの接続
Necintoshをネットワークに接続して利用する場合は、ネットワークとの接続口をつける必要があります。接続頻度が低い場合はアナログ接続で問題ありませんが、接続頻度が高い場合は、デジタルの専用線をつけた方が便利です。
●メモリの増設について
限りあるメモリは大切に メモリはLazy Necintosh出荷時に必要充分量搭載しています。使用状況によってはメモリ不足の状況になることがありますが、大容量のメモリはNecintoshの素晴らしいLazyさを損なうことになるため、残念ながらメモリの増設はできないようになっています。
メモリの空きがなくなった場合、Necintoshは自動的に重要度の低いデータから削除していきます。重要度が最も高いのは「電源に関する情報」であり、最初に切り捨てられるのは「接続の少ない人の情報」です。自分のNecintoshに外であったときそっぽを向かれることほど辛いことはありません。一生懸命電源を入れてあげて、たっぷりマウスを使って接続してあげて下さい。


アナログ接続

Necintoshの要求に応じてドアを開けてやる

デジタル専用線

ドアの一部を四角く切り取り、Necintosh用出入口をつける


Powered by
Movable Type 2.63