2-2 電源の切り方

 電源を切るのに特別な操作は必要ありませんが、Necintoshとの関係を良好に保つためには、ときどきパワーキーによる終了をしてあげた方がいいようです。


パワーキーの位置
●パワーキーによる終了
 Necintoshを平らな場所に設置して(Necintoshの気分によっては平らではない方が好ましいときもある)パワーキー(右図)を根気よく撫でます。手のひらで「さする」よりは、指(爪ではない)を立てて「掻く」方がよいようです。
Necintoshの喉から「ゴロゴロ」というサウンドが出始めたら終了準備は完了です。ちょっと離れた場所で見守りましょう。このとき、Necintoshによっては「手でふみふみ」ダイアログを出す場合がありますが、特に応対は必要ありません。

●自動起動と自動終了
Necintoshはセットアップが済めば、基本的には毎日同じ時間に自動的に起動・終了します。終了の時間になれば勝手にスリープキーを探して、自動的にスリープ状態から終了します。起動時間が来るとどんなにアナタが眠いと言っても、「起動音」や「ふみふみダイアログ」、「高いところから大事なモノを落としたサウンド」などを使って、アナタに起動準備を促します。
従って、酒に酔った勢いでウッカリ夜中に起動してしまうと、翌日から大変辛い目に合うことになりますので、注意して下さい。


Powered by
Movable Type 2.63