2-1 マウスの操作

 では、Necintoshを操作する一番の基本であるマウスの操作を練習しましょう。

1.鼻の方を軽く持ってNecintoshの目の前で滑らせるように動かしてみる
 Necintoshがスリープ状態であれば、起動して下さい。その上でマウスを軽く振ってみます。Necintoshの目が丸くなり、耳が完全にマウスの方にむけられれば準備完了です。Necintoshは「自分の方に向かってくる」動きには弱く、「自分から逃げていく・自分の前を通過する」動きに機敏に反応しますので、動かす方向には充分注意して下さい。
2.箱や障害物の後ろに隠した状態でカサカサ振る
 Necintoshがやる気になったところで、一度マウスを隠します。「見えないところでコソコソ音がする」状況になると、多少距離を保ったところでNecintoshが屈み込んで後ろ足でタイミングを計ります。このときお尻が振動するため、この状態を「お尻プリプリ完了」と言います。
3.Necintoshが体勢を低くして走ってきたら、頭のすぐ上辺りを通過するように放り投げる
 「お尻プリプリ完了」後、すぐにNecintoshが走ってきますので、適当な方向にマウスを放り投げて下さい。後はNecintoshが自動的に処理します。

マウスの種類
マウスは毛が生えているタイプ、荒縄で作ったタイプ、ペンタイプ、ゴムタイプなどいろいろなタイプがあります。何種類か試してみて、Necintoshが一番機敏に反応するタイプを接続して下さい。
応用
マウスを自分に接続して、共に走る
ちょっと高等技術ですが、マウスのコードを延長して自分に接続し、Necintoshの前を走り回るという操作方法もあります。コードレスの状態よりマウスの動きが複雑なため、Necintoshは大喜びしますが、自動処理ができないためあなた自身が死ぬほど疲れるという欠点があります。また、興奮したNecintoshと疲れ切ったアナタが接触すると、Necintoshを蹴る・踏む、Necintoshにかじられる・噛まれる・頭突きされるなどのトラブルの元になりますので、注意が必要です。

Powered by
Movable Type 2.63