July 26, 2000

ジーサンが逝った日

 ワタクシの愛するジーサンがご臨終あそばしました。
 なんてちょっと誤解を招く表現だけど、ワタシの愛するPowerBookG3 の内臓ハードディスクが逝ってしまったのです。な〜んの前触れもなく、ただただメールチェックをしていただけだったのに、いきなりフリーズ。まあ良くあることだからと慌てず騒がず再起動。
 …起動しない。システムが見つからないと言っている。
 一応気まぐれMacintosh様とのつきあいは長いので、このくらいじゃうろたえはしなかったけど、なんとな〜く悪い予感がし始めていたのも事実だった。
 とりあえず、ノートン先生に手伝っていただいてCDから起動し、先生に見ていただく。…あれ?先生は別に異常なしと言っている。いつも起動しないときは「カタログBツリーがおかしいんだよ。ケ」とか言ってるノートン先生なのに。まあいいや、せっかくCDで起動したので、普段あんまりやらない断片化解消をしておくことにする。
 …結果的に、断片化は解消できなかった。
 ちゅーか、途中でイカレタ。
 今度はノートンCDでは起動できず、システムディスクにご登場いただく。おいおい、段々悪くなってるぞ!
 この頃からワタシはびくびくし始めていた。最近バックアップをサボっていたのである。歴史概論のムック版のために書き起こしたデータとか、そういう汗と苦労の上に作り上げられたデータがもし取り出せなかったら…!ていうか、それ以上に個人でやってた仕事のデータ、今消えちゃったら直しが来たときどれだけ苦労するか!!!
 この日ワタクシは38度を超える熱を出していたのだが、もうそれどころじゃなかった。ジーサンの前に座って悪戦苦闘、最近何かというとクーラーのある寝室にひっこんでしまうワタクシが、いつまでもパソコンルームにいるのでダーリンが同情してくれたほどだ。
 結局、物理的にディスクの一部がイカレタらしい、ということが判った。キズでもついたのかもしれない。逆に言えば、壊れたブロック以外はデータ的にも無事だったので、システムディスクで起動後、すかさずデータは外部ハードディスクに移行し、重要なデータは殆ど救出できたので、最悪の事態だけは免れた。ふぅ。
 とにかくその部分がネックになって、物理フォーマットも効かず、システムの再インストールもできない。結局ハードディスクを交換するしかなさそうなんだけど、今まで2GBのハードディスクでこじんまりやっていたワタシには、最近のヤツはドイツもコイツも容量デカすぎじゃ!「軽さが命!」のホームページとデータベースの仕事してて、何十ギガもいらんちゅーねん!
 ちょっと泣いてしまった夏の日だった。

By kumi at July 26, 2000
21世紀になってスズキになったマスダのヒトコト

 結局この後紆余曲折を経て、ワタシの愛機は現在WindowsのVAIOさんである。VAIOさんとのつきあいは、ジーサンとの親密なつきあいとは違って、なんとなく「近所づきあい」というよそよそしさが残る。その分ワタシの愛情はCLIEさんに行ってるみたいだ。
 って、結局SONY戦略にハマってるだけ?

By: kumi at May 25, 2003
Category Archives
怒 (10)
生 (10)
我 (11)
電 (9)
楽 (14)
喜 (7)
哀 (25)
Monthly Archives
July 2003(1)
February 2001(1)
July 2000(1)
June 2000(2)
April 2000(1)
March 2000(2)
February 2000(3)
January 2000(2)
December 1999(1)
October 1999(1)
August 1999(2)
July 1999(4)
June 1999(2)
April 1999(2)
March 1999(1)
February 1999(2)
January 1999(3)
December 1998(1)
November 1998(2)
October 1998(3)
September 1998(1)
August 1998(4)
July 1998(3)
June 1998(3)
May 1998(4)
April 1998(4)
March 1998(4)
February 1998(2)
January 1998(5)
December 1997(2)
November 1997(4)
October 1997(4)
September 1997(2)
August 1997(3)
July 1997(3)
June 1997(2)
Companion Sites
A SUZUQi
不朽版『歴史概論』
LasyNecintosh User's Manual
Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 2.63