November 03, 1998

ひなたぼっこ

絵 久しぶりのお休みである。
 先週の休みは『虹の郷』でガンガン歩き回っていて全然休みにならなかったので、今日は死ぬほどダラダラしようと心に決めていた。
 そんなわけでダラダラしていたら、猫が「遊ぶ?遊ぶ?」と目で問いかけてきたので、一緒にお外に出てあげた。ちょっとばかり追いかけっこをして遊んだが、そのうちワタシがしゃがみこむと、すかさず猫が尻の下に入り込んできて(ウチのネコは下型Necintosh)、ワタシを日除けにしながら一休みし始めてしまった。
 仕方がないので、ワタシもそのままひなたぼっこにつきあうことにした…のだが、そのうちハタと我に返った。
 現在のワタシは、後ろから見るとメチャメチャ怪しいのではないか…ということに気づいたのである。
 その時のワタクシは、ダラダラの延長線であるから、パジャマのままであった。しかもそのパジャマ、なんとホルスタインの牛模様だったのである。そんな牛模様で全身を固めた女が、ウンチングスタイルで空き地に座り込み、しかも尻の下からはグレーのシッポがちょろちょろと動いている。
 これは怪しい。
 前から見たとしても、「お股から猫の顔がにょっきり生えた牛模様女」である。どのみち怪しい。
 もしワタシがもう一人いて、たまたまここを通りがかって見つけたら、思わず吹き出すであろうと確信できるほどに怪しい光景である。
 気づいたワタクシは、静かに立ち上がり、猫にヒトコト「先に帰るね」と声をかけた。猫は「ケッいくじなし」と言いたげな顔で、別の日除けを探して去っていってしまった。
 そんな、秋の日のヒトコマであった。

By kumi at November 03, 1998
21世紀になってスズキになったマスダのヒトコト

 いいなぁ。ひなたぼっこ。のんびりしたいなあ。

By: kumi at May 25, 2003
Category Archives
怒 (10)
生 (10)
我 (11)
電 (9)
楽 (14)
喜 (7)
哀 (25)
Monthly Archives
July 2003(1)
February 2001(1)
July 2000(1)
June 2000(2)
April 2000(1)
March 2000(2)
February 2000(3)
January 2000(2)
December 1999(1)
October 1999(1)
August 1999(2)
July 1999(4)
June 1999(2)
April 1999(2)
March 1999(1)
February 1999(2)
January 1999(3)
December 1998(1)
November 1998(2)
October 1998(3)
September 1998(1)
August 1998(4)
July 1998(3)
June 1998(3)
May 1998(4)
April 1998(4)
March 1998(4)
February 1998(2)
January 1998(5)
December 1997(2)
November 1997(4)
October 1997(4)
September 1997(2)
August 1997(3)
July 1997(3)
June 1997(2)
Companion Sites
A SUZUQi
不朽版『歴史概論』
LasyNecintosh User's Manual
Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 2.63