October 28, 1998

虹の郷

絵 皆様は、『修善寺虹の郷』というテーマパークをご存知だろうか?
 静岡県民はときどきCMで呑気にミニSLが走ったりしているのを見たことがあるかも知れないが、果たしてどういう場所なのか、行ってみないとさっぱり見当のつかないCMなので、混乱している人もあるのではないだろうか。
 その虹の郷へ、行ってきたのである。
 ワタシはどちらかというと、休日は家で果てしなくダラダラと過ごすタイプなのだが、たまたまこの秋は「ちょっとお出かけしたい」気分になっており、ちょうどよく友人が「有給休暇のまとめ取り」をしていて大変暇だったらしいので、女二人で修善寺行きとなったのであった。
 正直、私たちは『虹の郷』に疑惑を持っていた。前夜の修善寺温泉旅館では遂に私たち以外の宿泊客を見なかったことから、相当寂れているのではないかと勝手に思いこんでしまったのだ。ガイドブックを眺めながら、「つまらなかったら速攻熱海に移動しよう」とか、伊豆高原のパンフレットを見ながら「どうして私たちは修善寺にいるのか」などと話し合ったりしていた。すまぬ、修善寺。
 そんな疑惑の二人組は、しかしながら『虹の郷』で大はしゃぎしていたのだった。折しも天気は抜けるほどの青空で、高原の風もお手伝いして「絶好の散策びより」だった。そして『虹の郷』は、まさしく「巨大な整備された庭」だったのである。
 私たちは、10歩あるくごと「ワタシタチ、虹の郷を堪能しているよね」とお互い確認しながら、カナダ村でおおはしゃぎ、イギリス村で大興奮、匠の村で大喜びと、まんまと『虹の郷』戦略にはまってしまったのであった。
 結局ワタシタチは、普通2時間程度の散策を楽しむ『虹の郷』を2周も回り、半日以上楽しんできてしまったのであった。
 そういうわけで皆様、晴れた日には虹の郷へ行こう!

By kumi at October 28, 1998
21世紀になってスズキになったマスダのヒトコト

 スゲー感動しているくせに、その後二度と行っていない虹の郷。微妙な遠さが敗因か?

By: kumi at May 25, 2003
Category Archives
怒 (10)
生 (10)
我 (11)
電 (9)
楽 (14)
喜 (7)
哀 (25)
Monthly Archives
July 2003(1)
February 2001(1)
July 2000(1)
June 2000(2)
April 2000(1)
March 2000(2)
February 2000(3)
January 2000(2)
December 1999(1)
October 1999(1)
August 1999(2)
July 1999(4)
June 1999(2)
April 1999(2)
March 1999(1)
February 1999(2)
January 1999(3)
December 1998(1)
November 1998(2)
October 1998(3)
September 1998(1)
August 1998(4)
July 1998(3)
June 1998(3)
May 1998(4)
April 1998(4)
March 1998(4)
February 1998(2)
January 1998(5)
December 1997(2)
November 1997(4)
October 1997(4)
September 1997(2)
August 1997(3)
July 1997(3)
June 1997(2)
Companion Sites
A SUZUQi
不朽版『歴史概論』
LasyNecintosh User's Manual
Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 2.63