October 11, 1998

快適な場所

絵 猫が落ち着かない季節がやってきた。
 猫の寝場所のことである。
 我が家の猫はお嬢様育ちでわがままなため、季節の変わり目にはその気温に合わせて最高の寝場所を確保するために、家中をチェックして回るのである。特にこの季節は気温の変動が激しく、一度落ち着いたかと思うと夜中の2時にむっくり起き出して、ほんの1度の体温上昇がさも不快だと言いたげに、チリチリと(注:鈴の音)でかけていくのであった。
 それにしても、猫はなぜあれほどに温度に敏感なのだろうか。
 犬と違って舌で体温を下げることができないから、涼しいところが分かる能力が備わっているのだ!…という説はなんとなく説得力があるような気もするが、考えてみれば涼しいところだけではなく暖かいところも判っている。しかも行動から予測するに、多分「暑すぎる場所」や「寒すぎる場所」もちゃんと理解し、その上で行動しているようなのである。
 つまり、猫は『快適な場所』をきちんとランク付けしているのだ。
 外界の気温から判断して、この時期に一番快適なのはあの場所…とアタリをつけてお出かけし、そこが何らかの事情で入れなかったり「快適ではない」と判断されたら、ランク2の場所に落ち着き場所を変更する、そんなことをやっているみたいなのである。この季節の変わり目は、指標となる「外界の気温」がちょびちょび予想に外れて変わるため、一度落ち着いた場所が思ったより不快だったりして、別のランクの場所へと移動するのではなかろうか。
 この場所のランク付けは、毎日の気ままに見える散歩の中でデータベース化されているようだ。時々突拍子もない場所で猫が寝ているのは、データベースに蓄積するための「快適度調査」の一環なのかもしれない。
 そう(勝手に)考えると、ワタシのベッドの足元を占領しておなかをおっぴろげている我が愛猫も、自分が快適な睡眠をとるためにいろいろ頑張っているのだなあと、ちょっと感動する。だから今日は、ちょっぴり足を曲げて寝て、彼女の「快適な睡眠」に貢献してあげようと思っている。

By kumi at October 11, 1998
21世紀になってスズキになったマスダのヒトコト

 カルメン様の快適な場所は「適温」でかつ「静かで、でもちょっと人の気配はするところ」なのだが、人の気配がするところが静かなわけはない。ぐっすりいってるところをいきなり赤ちゃん様に手加減無しに殴られたりして、かわいそうなカルメン様である。

By: kumi at May 25, 2003
Category Archives
怒 (10)
生 (10)
我 (11)
電 (9)
楽 (14)
喜 (7)
哀 (25)
Monthly Archives
July 2003(1)
February 2001(1)
July 2000(1)
June 2000(2)
April 2000(1)
March 2000(2)
February 2000(3)
January 2000(2)
December 1999(1)
October 1999(1)
August 1999(2)
July 1999(4)
June 1999(2)
April 1999(2)
March 1999(1)
February 1999(2)
January 1999(3)
December 1998(1)
November 1998(2)
October 1998(3)
September 1998(1)
August 1998(4)
July 1998(3)
June 1998(3)
May 1998(4)
April 1998(4)
March 1998(4)
February 1998(2)
January 1998(5)
December 1997(2)
November 1997(4)
October 1997(4)
September 1997(2)
August 1997(3)
July 1997(3)
June 1997(2)
Companion Sites
A SUZUQi
不朽版『歴史概論』
LasyNecintosh User's Manual
Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 2.63