July 12, 1998

検索

絵 ここのところ2週間余り、ワタシには気になって仕方のないことがあった。SUBARUのCMで使われている曲が、一体何の曲なのかが判らなかったのである。確か映画の中で聞いたような…。なんとなく「フィフス・エレメンツ」を思い出すんだけど、ワタシ、あの映画は見ていないから違うハズ…。
 CMでは一瞬テロップが出るんだけど、それは曲名ではなく歌手名だった。サラ・ブライトマン/アンドレア・ボッチチェリ。…知らん。
 とりあえずワタシよりよほどたくさん映画を見ている兄に聞くことにした。しかしこのCMが、なかなか兄のいるときに流れてくれない。そんな千載一遇のチャンスが、本日巡ってきたのである!
「お兄ちゃん、この曲なんて曲!?」
 CMが流れた瞬間、ワタシは兄を捕まえて詰問した。兄は驚きながらも素直に耳を傾け、CMが終わると、素直に言った。
「知らん」(→ふりだしにもどる)
 うなだれて自室に閉じこもった私に、机の上からPowerBookが微笑みかけていた(ような気がした)。
 そうだ!ワタシにはインターネットがあるじゃないか!
 ワタシは早速インターネットに接続して、多分、CMの曲なんかをまとめたサイトがあるんじゃないかと狙いを付けて「SUBARU , CM」で検索をかけた。…ダメだ。登録してある情報が古すぎる。
 仕方がないので、今度は歌手名で検索をかけた。すると「サラ・ブライトマン」で検索したのに、「アンドレア・ボッチチェリ」でヒットしているのがあるじゃないか!これだ!!!
 クリックのためにマウスに手が動いた一瞬の空白時間、ふと、検索結果の下の方に目が止まった。「フィギュアスケートの掲示板…」
 その瞬間、ワタシのアタマの中のパズルが組み上がってしまった。
 そうだ。長野オリンピックのフィギュアスケートのエキシビションで、ワタシがメチャメチャ気に入った、仏のアイスダンスペアの使っていた曲だ!
 その演技は、女性が燃えるようなオレンジの髪に金色のスーツを着て男性をリフトしたりしたので、「SF映画のアンドロイドみたいだ」と思ったのだ。そうだ、だから映画で聞いたと思ってしまったのだ。
 判ってみれば単純なことだけど、2週間のモヤモヤが一瞬にして氷解したのは、実に気持ちがよかった。この時初めて、ワタシは「インターネット万歳」と思ったのであった。
※ちなみに、曲名は“Time to say goodbye”と判明。

By kumi at July 12, 1998
21世紀になってスズキになったマスダのヒトコト

 インターネットで検索かけるのは、最近じゃ当たり前になってきた。というより、インターネット以外の方法で何かを探すことが少ないくらい。目的の情報にたどり着く率もなかなかよろしく、ダンナから名誉「検索番長」の地位をもらったりしている。うむうむ。

By: kumi at May 25, 2003
Category Archives
怒 (10)
生 (10)
我 (11)
電 (9)
楽 (14)
喜 (7)
哀 (25)
Monthly Archives
July 2003(1)
February 2001(1)
July 2000(1)
June 2000(2)
April 2000(1)
March 2000(2)
February 2000(3)
January 2000(2)
December 1999(1)
October 1999(1)
August 1999(2)
July 1999(4)
June 1999(2)
April 1999(2)
March 1999(1)
February 1999(2)
January 1999(3)
December 1998(1)
November 1998(2)
October 1998(3)
September 1998(1)
August 1998(4)
July 1998(3)
June 1998(3)
May 1998(4)
April 1998(4)
March 1998(4)
February 1998(2)
January 1998(5)
December 1997(2)
November 1997(4)
October 1997(4)
September 1997(2)
August 1997(3)
July 1997(3)
June 1997(2)
Companion Sites
A SUZUQi
不朽版『歴史概論』
LasyNecintosh User's Manual
Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 2.63