May 17, 1998

ベッド

絵 ベッドを買い換えた。
 今までワタシは宮付・引き出し付で木枠という『正しいベッド』を使っていた。今の家に引っ越してきた当時は、部屋には殆どモノがなかった為、ベッドがでかい顔をして居座っていても、全く気にしなかったのだ。ところが、パソコンを始めて以来、あれよあれよのうちにパソコン機器が増殖。現在では壁一面を、色気のないパソコン関連機器が占める状態となっている。こういう中で、ベッドは割と「ジャマなのよ、アンタ」という可哀想な状態になりつつあったのだ。
 そこへ、タイミング良くベッドを欲しがっているヒト(姉)が現れたため、急遽ワタシのベッド買い換えが実現した。山のような通販カタログを検討の結果、選ばれたベッドはソファベッド。しかも「マットレスに足が生えただけ」という感じの、究極の省スペースベッドなのだった。
 キャスターもついているし、仕様としては希望通りだったのだが、慢性的に肩こりのヒドいワタシとしては、いくら省スペースでも、あまりに寝心地が悪いと生死に関わるので、届くまではちょっとドキドキだった。しかし、ディ○スが「寝心地を追求しました」と保証してくれた通り、寝心地はまずまず。部屋は広くなるし、客が来ればソファになるし、こりゃ大満足…と思ったのだが。
 たった一つ、この買い物で希望通りにいかなかった点があった。
 愛猫が、このベッドの寝心地を気に入ってくれなかったのである。
 狭くなったのが気に入らないのか、猫にしか判らない微妙な寝心地の悪さがあるのかは不明だが、彼女は2,3度耳を倒してチェックの末、結局寝場所を変えることに決めたようだった。
 彼女ともう一度いっしょに寝たいけれども、今更元には戻れない…なんだか、未練がましい昔の男、みたいな感じになってしまったワタシだった。

By kumi at May 17, 1998
21世紀になってスズキになったマスダのヒトコト

 結婚したときベッドを見に家具屋に行ったんだけど、家具屋に置いてあるベッドって何故あんなに高いの?通販に載ってるベッドと何が違うの?とか思いつつ、ママリンが買ってくれるというので、遠慮なくその高いベッドを買っていただいたワタシである。

By: kumi at May 25, 2003
Category Archives
怒 (10)
生 (10)
我 (11)
電 (9)
楽 (14)
喜 (7)
哀 (25)
Monthly Archives
July 2003(1)
February 2001(1)
July 2000(1)
June 2000(2)
April 2000(1)
March 2000(2)
February 2000(3)
January 2000(2)
December 1999(1)
October 1999(1)
August 1999(2)
July 1999(4)
June 1999(2)
April 1999(2)
March 1999(1)
February 1999(2)
January 1999(3)
December 1998(1)
November 1998(2)
October 1998(3)
September 1998(1)
August 1998(4)
July 1998(3)
June 1998(3)
May 1998(4)
April 1998(4)
March 1998(4)
February 1998(2)
January 1998(5)
December 1997(2)
November 1997(4)
October 1997(4)
September 1997(2)
August 1997(3)
July 1997(3)
June 1997(2)
Companion Sites
A SUZUQi
不朽版『歴史概論』
LasyNecintosh User's Manual
Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 2.63