April 20, 1998

散漫力

絵 本日、買い物に町(静岡市)へ繰り出した。友人の結婚式に出席するための衣裳選びである。予算はちょっとオーバーしたモノの、ほぼ希望通りのドレスを見つけてご満悦であった。その買い物所要時間、2.5時間(交通所要時間50分を含む)。
 ところが、たったのこれだけで帰ってきたときには疲れ果てていた。
 何年か前までは、ショッピングに行くとなれば、昼には出かけてぶらぶらとあちこち冷やかしながら夕食までかかって歩いたモノだった。しかも、最初から目的を持って出かけるわけではないので、何の収穫もないこともある。そんなことが好きだった。
 ところが、今ではコレができない。何故できないかというと、多分「あちこちにテキトーに注力を散漫させておくこと」ができなくなったからじゃないかと思う。なんとなく自分ではこれを「散漫力」と名付けてみた。
 正直に言って、年齢と共に「集中力」は高まったと思う。何かを始めると周りの音や声が聞こえていないことも多いし、考え始めると必ず答えが出るまで他に気を散らすこともなく考え抜く。これは仕事上は大変便利な能力だけど、人生的にはつまらないことになる。今はちょっと「集中力」に押されて「散漫力」が減りすぎのような気がしている。
 中・高校生のころなんて、「もの凄く集中している」と思っていても、ただBGMのつもりでつけているだけのテレビのギャグをきちんとキャッチしているし、家族がそれぞれどこへ移動しているかも理解していた。それでもって、全然疲れることもなかった。集中力と散漫力が見事にバランスを保っていたと思う。
 仕事をしている以上、今の「集中力」をなくすわけにはいかないけれど、せめて休日くらいのんびり「散漫力」を育てようかなあ、と反省したワタクシだった。

By kumi at April 20, 1998
21世紀になってスズキになったマスダのヒトコト

 最近は子どもの相手をしながらいろいろ考えたりやったりしなくちゃなんないので、「散漫力」全開である。それで気づいたことだけど、男性って結構「散漫力」ない人多いッスね。これって性差のある能力なんだろうか?
 だとしたらこの日記かいた頃のワタシはかなり男らしかったッスね。オス。

By: kumi at May 25, 2003
Category Archives
怒 (10)
生 (10)
我 (11)
電 (9)
楽 (14)
喜 (7)
哀 (25)
Monthly Archives
July 2003(1)
February 2001(1)
July 2000(1)
June 2000(2)
April 2000(1)
March 2000(2)
February 2000(3)
January 2000(2)
December 1999(1)
October 1999(1)
August 1999(2)
July 1999(4)
June 1999(2)
April 1999(2)
March 1999(1)
February 1999(2)
January 1999(3)
December 1998(1)
November 1998(2)
October 1998(3)
September 1998(1)
August 1998(4)
July 1998(3)
June 1998(3)
May 1998(4)
April 1998(4)
March 1998(4)
February 1998(2)
January 1998(5)
December 1997(2)
November 1997(4)
October 1997(4)
September 1997(2)
August 1997(3)
July 1997(3)
June 1997(2)
Companion Sites
A SUZUQi
不朽版『歴史概論』
LasyNecintosh User's Manual
Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 2.63