November 25, 1997

ネコ

絵 一昨日、ワタシは一日中泣いていた。何故かというと、うちのネコがいなくなったからである。
 普通ネコが1日や2日帰ってこなくても心配はしないのだけど、うちのネコは「箱入りネコ」で、夕方6時には家におり、遅くなっても夜9時には帰ってきて寝てしまう言語道断のネコなのだ。無断外泊なんてとんでもないザマス、って感じで3年以上過ごしているので、帰ってこなかったこの日はメチャメチャ心配だったのだ。小雨の降る中、歩いて探し、自転車で探し、車で探して探し回って、見つからずに帰ってきてはメソメソ泣いた。この日10時間は外で探し回って、残り10時間は家で泣いていたと思う。
 ワタシは、ネコが好きだ。ネコの寝姿を見るだけでつい微笑んでしまったり身をよじってしまったりするアブナイ人間だ。ネコにならどんなに不条理な迷惑をかけられても(仕事中にキーボードに乗られてデータが吹っ飛ぶ、ベッドをとられて自分が壁際で寒い思いをする、など)「うん、もう」で済んでしまう。つまり、ワタシはネコにそれに値するだけの「可愛さ」を感じているのだろう。ほぼ「ネコバカ」である。
 小学校の頃飼っていたネコが、家の前で車にはねられて死んでしまったことがある。その年の「文集」にのったワタシの作文にはネコの思い出が綴ってあり、最後に「タマ(ネコの名前)をはねた車をワタシは絶対許さない。一生かけても見つけだして復讐してやる」と書いてある。こんな作文を文集に載せる先生も先生である。
 その後は天性の「三日坊主」が災いして、親から「どうせ面倒を見られないんだから生き物は一切合切すべて禁止!」令が出され、近所の野良猫を時折手なずけては我慢していた。中学にあがっては「中学生になったんだからネコを飼ってもよいか」と交渉し、高校生になっては「高校生になったんだからネコを飼ってもよいであろう」と交渉し、ことごとく失敗していた。それだけに、社会人になって勝手にネコをもらってきても怒られなかったときには、そりゃもう「大人万歳!」てな感じだった。それだけで、大人になったことを感謝したものだ。
 そんな「禁止期間」があった反動なのかどうか、今は一日たりともネコのいない生活が考えられない。夏に4日間入院したときには、仕事のことより自分のことよりまず、ネコに4日間会えないことを嘆いたものである。
 結局、冒頭の事件は2日で解決した。2晩留守をした翌朝、無事な姿でネコはひょっこり帰ってきた。2晩どこで何をしていたのかは語ってくれないが、以前にもまして一人で外にでるのを嫌がる姿を見て、「やっぱり辛かったのかしら」と思うと、今日も目頭の熱くなるワタシである。

By kumi at November 25, 1997
21世紀になってスズキになったマスダのヒトコト

 うちの箱入りネコ(またの名をハンター・カルメン様)もだいぶお年を召しましたが、未だに夜は9時には帰宅する。ワタシが結婚して実家を出てからはちょっと不便を強いられているようで、たまに目頭熱くなります。がんばれカルメン!

By: kumi at May 25, 2003
Category Archives
怒 (10)
生 (10)
我 (11)
電 (9)
楽 (14)
喜 (7)
哀 (25)
Monthly Archives
July 2003(1)
February 2001(1)
July 2000(1)
June 2000(2)
April 2000(1)
March 2000(2)
February 2000(3)
January 2000(2)
December 1999(1)
October 1999(1)
August 1999(2)
July 1999(4)
June 1999(2)
April 1999(2)
March 1999(1)
February 1999(2)
January 1999(3)
December 1998(1)
November 1998(2)
October 1998(3)
September 1998(1)
August 1998(4)
July 1998(3)
June 1998(3)
May 1998(4)
April 1998(4)
March 1998(4)
February 1998(2)
January 1998(5)
December 1997(2)
November 1997(4)
October 1997(4)
September 1997(2)
August 1997(3)
July 1997(3)
June 1997(2)
Companion Sites
A SUZUQi
不朽版『歴史概論』
LasyNecintosh User's Manual
Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 2.63